💖 プロポーズ談 💖 100本のバラ♪


💖 プロポーズ談 💖 100本のバラ♪

100rose

出会い

出会いのきっかけは、お互いに社会人1年目、友人の紹介でした。

22歳の当時、私は元彼に振られたことを引きずっていてだから友達にだれかいい人いない?

と聞いた記憶があります。

そして紹介されて初めて会った日に彼にも元彼の話をしていたそう・・・

当時の彼は、仕事に意気込んでいて社会人生活を謳歌するためによく飲んでよく遊んでよく仕事をしたかったそう。

結婚はまだまだ先でむしろしたくないくらいの感じでした。

30過ぎていい人がいたらなんて言っていたっけ。

お互い仕事に打ち込み、連絡も途絶えとだえの中、月に1回くらい会ったり3か月会わなかったりと言う具合でお互い本気にはなっていませんでした。

私はその間にほかの男性も探していたり・・

出会いから半年たってお互い仕事になれた時期。

彼の家に行き、彼は私を帰したくないと思ったそう。

終電を逃したけれど私はタクシーで帰り。

彼は私を追いかけることが楽しくなってきたとのちに聞きました。

告白

そしてその日から1か月後のお正月休みに告白されました。

その後の私のお誕生日には年の数のバラの花束をくれました。

その年は23本。

次の年もその次の年にもバラを貰っているうちにこんなに自分の事を大切にしてくれる人とはもう出会いないかもと私が思い始め結婚してもいいなと思い始めていました。

彼は付き合って数ヶ月経ったときに3年後も付き合っていたら結婚してほしいと突然言っていました。

私が26歳で結婚をしたいと言っていたのを聞いていたからかもしれません。

25歳の時私が旅に出ることになりました。

4か月ぶりにあった時にこのまま結婚式場を見に行こうと言われ、私も旅の間に彼の事を何度も思いましたし、待っていてくれたら結婚しようと思っていました。

ブライダルフェアには興味があったので何件か帰国後すぐに回りました。

ここだったら良いなと思えるところに出会い、その後彼が何度もその式場に値段交渉に行き、ここまで下がったから契約していい?

と言ってきたので快諾。

プロポーズがないまま結婚している人は聞いたいことがありましたがそんなことあるのかなと思っていたら自分もそんなことになりそうな雲行き。

式場は1年半後の予約に。その後式場が決まっていることは内緒にして両家にご挨拶。顔合わせ。結納をすませました。

そして・・

このまま当日をむかえることになるのか?と思っていたその年の私の誕生日。

付き合って4年目26歳の誕生日。

その日は朝から買い物に行き指輪を買ってもらいました。

そしてぶらぶらして、行きつけのレストランでごちそうしてもらい、サプライズケーキも出てきました。

ですのでこれで誕生日は終わりだとそれで充分だと思い彼の家へ。

お風呂に入った後に部屋に戻ると彼が、100本のバラの花束を持った彼が立っていました。

そして「100年後まで一緒に過ごしたいから結婚して下さい」とプロポーズされました。

しかし私は驚きとお風呂上りと言うことと、バラがあまりにも大きくて「バラすごいなー大きなー」と言う返事を。

「わー」と言う自分の声の方が大きくて彼のセリフがほぼ聞き取れず「なんて?」と聞き直す始末。

結局もう一度言ってもらい「よろしくお願いします」と言ったものの「このバラ本当にすごいなー」「高そうー」とバラへの反応ばかりしてしまい涙も出ませんでした。

結婚式も決まっていて全部終わっていたからかな?

100本のバラは抱えきれない程大きく重たくて家まで持って帰ることは大変でしたがすごくうれしかったです。

聞けば知り合いに聞きお花屋さんに相談してつくってもらったそう。

そんな風に考えていてくれていたことがうれしかったですし、この人と結婚しても大丈夫と自分に自信が持てた出来事でもありました。

バラは私たちにとって想い出の花となり、結婚式ではバラを使ったダーズンローズと言う演出をしました。

普段はバラが似合わない彼らしくエピソードVTRでこのエピソードを流したときには彼の友達から笑いが起きていました。

頑張ってくれていたんだなと私も笑ってしまいました。

その後結婚してからも私の誕生日にはバラを買ってくれますがお小遣いせいになったため1本。でも1本でも当時の事を思い出せるのでとても幸せな気持ちになれます。

プロポーズがなくても同じような生活を送れていたと思いますがプロポーズがあったことで私も彼も覚悟が出来ましたし、当時を思うとまた喧嘩をしてもバラを1本買ってきてくれたら許してしまうことでしょう。

プロポーズという約束事があれば女性は多少がんばれますし、待てるので結婚が決まっていてもどこかのタイミングでプロポーズは是非お互いにしてほしいなと思います。

逆にプロポーズをすると女性は絶対的な信頼をしてしまうので絶対絶対結婚すると決めてからしか言ってはいけないと思います。

気軽にいつか結婚しようと言っているとずっと待ってしまい後からうそつき呼ばわりされてしまいます。

そのくらいプロポーズは大切で良いものだと感じました。

 

Home » プロポーズ談 » 💖 プロポーズ談 💖 100本のバラ♪

関連記事

  1. エンゲージリングはハート型ダイヤモンドに3つのメレダイヤ♪
  2. プロポーズ。顔を赤くしたまま窓の方にそっぽを向き。
  3. プレゼントの箱に『diamond』というシール。
  4. 自宅でストレートに「結婚してください」とプロポーズ。
  5. 3本のバラでプロポーズ。「愛してます」
  6. 「待てない私」の待ってよかった時間。
  7. 都内のビルの最上階でのランチで♡