プレゼントするバラの本数には意味があります。


プレゼントするバラの本数には意味があります。


Bouquet of hundreds red roses
バラは告白やプロポーズのアイテムとしてによく使われる花ですよね。

このバラの花言葉は、 「愛」、 「美」 です。

色によってもまた意味があるんですが、今回は本数によって意味があることをお話しします。
バラは、「贈る本数」で意味が変わります。
さて、その意味とは?

1本

  「一目惚れ・貴方しかいない」

2本


「この世界は二人だけ」

3本

「愛しています」

プロポーズの時や、告白するときによく使われる本数です。

3本。

値段もお手頃です。

4本

「死ぬまで気持ちは変わりません」

5本

「あなたに出会えた事の心からの喜び」

6本

「あなたに夢中」「お互いに敬い、愛し、分かち合いましょう」

7本

「ひそかな愛」

プレゼントした時点で、「ひそか」ではありませんよね。

8本

「あなたの思いやり、励ましに感謝します」

9本

「いつもあなたを想っています」「いつも一緒にいてください」

こちらもプロポーズにはいい本数ですよね。

ただ、「9」という数字は、「苦」を意味する場合もありますから、個人的にはお勧めしません。

10本

「あなたは全てが完璧」

11本

「最愛」

12本

「私と付き合ってください」

まさに告白。

本数の意味を知らないと、なんとなく中途半端な本数ですかね?

13本

「永遠の友情」

こちらは友達ですね。

誤解されそうですが・・

15本

「ごめんなさい」

これは・・ケンカでもした時に使うんですかね・・

21本

「あなただけに尽くします」

24本

「一日中思っています」

50本

「恒久」

99本

「永遠の愛、ずっと好きだった」

3本、100本、108本同様、プロポーズにはよく使われる本数。

100本じゃなく、99本。

本数に疑問を感じれば、きっとその意味を調べることと思います。

100本

「100%の愛」

こちらもよくある本数です。

結構重たいです。

タイミングを間違えると、彼女はずっとその花束を持ち歩くことに・・

お気を付けください。

101本

「これ以上ないほど愛しています」

108本

「結婚して下さい」

ストレートです。

ボリュームも凄いです。

なんで108本なんでしょう?

煩悩の数?

いえいえ・・

「永遠(とわ)」・・

10(と)8(わ)

から来てるといわれていますね。

365本

「あなたが毎日恋しい」

ここまでくると、少し怖い気が・・

こちら持つことが不可能と思います。

999本

「何度生まれ変わってもあなたを愛する」

もはや絶対に持ない本数です。
花束にはできません。
10年目、銀婚式、金婚式に部屋に敷き詰めてみては?
バラには、本数によってこんな意味があるんですね。
ご参考までに・・
「結婚してください」の108本。
近くのお店だと、1本250円程。
27,000円に消費税で29,160円程になります。
持ち帰るのも大変!
LOVE&ROSEは、108本で21,600円。
送料無料!消費税込み!
希望した日時に届けることができます。
ん~!サプライズですね!!
↓ ↓ ↓

Home » 知識のお部屋 » プレゼントするバラの本数には意味があります。